GIDさん向け タイプ別で読む 女装子さん向け 私がハマった女装沼 連載コラム

私がハマった女装沼(7)-いざ女性として働くと男性時ではわからない女性OLの大変さを痛感。ストレスがたまる。

投稿日:



前回、私は女装OLというか、女性として就職を勝ち得たことを書きました。
いよいよ、女性として社会進出の開始です!!!
そこは事務服もスーツ着用義務もないので、ビジネスカジュアルな恰好で通勤開始!
でも、いざ女性として働いてみると…
男性の時にはわからなかった女性就業の大変さが身に染みてわかったのです!
そして、それはストレスになっていきました…

私がハマった女装沼(7)-いざ女性として働くと男性時ではわからない女性OLの大変さを痛感。ストレスがたまる。

 

念願の女装OL!
女性として社会進出!!!!!!!!
そんなフルタイム女装者・MtFさんやGIDさんにとっては、
自己実現の1つでもあるようなことが実現できた私。

でも、実際に体験してみると…
想像もしないストレスがたくさんあったのです!!!

 

私は期待されてはいったはずなのに…仕事は最初、お茶くみ・事務所の掃除・書類整理…

私は元居た会社の経歴で採用されました。
もちろん私はそのつもりで、この会社でめちゃくちゃ実績を残してやろう!女性として!

という強い意気込みで出社しました。

その会社は創業長居中小零細の貿易企業で社員は20名ほど。
年齢層は高く、30代を迎える前の私が一番若いという会社でした。
業績は若干下がり気味。
私はネット通販に強いので、そこを期待されての採用でした。

出社初日。

私は白いワイシャツにタイトスカートで行きました。
あまり責めすぎないスタイル💛

女装OL出社初日!記念撮影💛

クリハラチアキ
今考えたら化粧派手すぎwwwwww

私「初めまして、クリハラチアキと申します。
不慣れな部分も多いかと思いますが、はやくみなさんに信頼していただけるように頑張ります。
見ての通り、トランスジェンダーです。みなさまのご理解に感謝いたします。
でも一切気を遣わないでください。本日よりよろしくお願いいたします。」

まぁあるあるの出社挨拶。

社長に呼ばれ、「期待しているよ!!!」

さーーーー!!!

何から手を付けようかなぁ!!!!!!!!!

と思っていたら、40代の女性事務員。社歴15年ほど。

女性事務員さん「クリハラさん。とりあえず、事務所掃除とお茶くみのこと教えるし、
こっちきてー」

私は心の中で、

は!?!?!?!?

と思いました。

心の中で、

え!?!?!?なんで私がお茶くみ!?!??
え・・・・?事務所掃除…?

心の中が???マークでいっぱいになりました。

おこがましいですが、

この私が!?!?!?掃除!?!!?は!?!?!?

と思ってしまいました。

掃除という行為を否定しているのではなく、
その事務員さんの仕事を否定しているのではなく、
私はネット通販の仕事をするために入ったんじゃないの!?
という疑問からそう思ってしまったのです。

でもここでいきなり反発しては印象が悪すぎるので、
私は作り笑顔で「は~~~~い!!!」と言ってお茶くみと事務所掃除のいろはを学びました。
私はその女性事務員さんに聞きました。

私「あのぉ、こういう仕事って事務員さんの仕事なんですかぁ?初めてで不慣れですいません」

事務員さん「そうねぇ。なんか別に決まってるわけじゃないけど。。。
女性がやってるねぇ。ほかの事務じゃないスタッフの女の子もやってるよ~」

おおおおお!
さすが歴史のある会社だ。
旧男女ジェンダーロールがはびこりにはびこってる!!!!

事務員さん「クリハラさんも女性だから一応やってほしい!!!」

わたしは、複雑な気持ちになりました。

女性として扱おうとして、女性の仕事を教えてくれる事務員さん。。。。
でも、女性だからという理由でお茶くみや事務所掃除を割り当てられているという
女性の働き方の違和感。
この2つのポジティブとネガティブな感情が同時に押し寄せてきて、
何とも言えない気持ちになりました。

 

その事務員さんも「これが女性のやる仕事だ」と何の違和感も持っていない様子でした。
10年以上それを当たり前だと思ってやっているのですから。。。
その事務員さんだって「事務処理」という仕事があり、
掃除が終わると早速事務処理の仕事に取り掛かるわけです。

そこに男性だから・・・女性だから・・・
というのは本来必ずしもないはずなのですが。。。

でも私の心には同時にこんな気持ちもありました。

きたきたきたきた!!!
社会が規定する「女」ジェンダーという働き方を
体感できる!!!
こうなったらいっぱい体験してみよう!!

と、ポジティブな気持ちになりました。

 

 

一度染まってから結果を残して黙らせる路線に変更

でも、私ははっきり言って、この会社にとって精鋭として、
ヘッドハンティングされた気持ちでいました。

あ、言い忘れてましたけど、雇用体系はアルバイトでした。
時給です。時給何円という働き方なわけです。

アルバイトだろうが、自分の気持ちの持ちようで、
いくらでも環境なんて動かせます。

私はそう思っていたので、

まずはアルバイトとして信頼を得て、結果を残していこう。
結果さえ残せば、ねじ伏せられる。

そう思いました。
私は昔のいじめ経験もそうですが、逆境を跳ねかえす内なる炎を燃やすタイプですw

これは別にトランスジェンダーであることも、雇用体系も、業種もあまり関係ないことではないでしょうか?

とにかく、結果を残して信頼を得る。
信頼を得た分だけ自分の言うことも聞いてもらえる。

最近の世の中はやたら権利ばかり主張する人もたまに見かけますが、違うんですよね。
自分で起業したり、フリーランスになったり自分の庭でお金を稼ぐのならまだ別ですけど、
会社という組織においては、なによりもまず信頼です。
信頼の分だけ、権利というか言い分が通りやすくなります。
お金の稼ぎ方と同じ。何もかも世の中は信用です。
(※というか自営業やフリーランスこそ、会社員よりももっと信頼なんですけどね本当は。
社長ほど人に頭を下げる職業はないです。社員にえらそうにしてるのはほんの一部分だけだよ。
できる社長ほど人に頭を下げます)

【女装 就職】逆転のトランス就職法「男性で結果を残してからトランスで働く」という”急がば回れ就職法”とは? #lgbt  #トランスジェンダー #女装

この記事でもそのたぐいのことは書いておりますのでよろしければ💛

で、要は転職でも就職でもなんでも、
就職した最初が一番信用ポイントが低い状態です。
そこからの行動で、さらにそれが目減りするのか増えるのか。

自分のやりたくない仕事に直面したとき、これは私の仕事じゃない!

というのはサルでもできますが、よく考えればそれはあまり合理的な手段ではありません。

だって信用ポイントが低い状態=就業最初で何言っても響かないどころか、みんなの信頼を落とします。
それが雇われるということです。

雇われるという働き方をする以上、
まずはそこの構成員=社員や同僚、上司の信頼を勝ち取ること。

これが最重要プライオリティ(優先事項)です。

その上で、ある程度信頼がたまってきたら徐々に自分のやりたいことを発言できるようになります。
まずは何より信頼です。

クリハラチアキ
余談ですが。。。

組織の成功は、まずは「人間関係」と言われています。
人間関係がいいから思考の質が一致してきて、
それが行動の質になり、結果が伴うようになるってこと。

できないマネージャーや上司ほど、
まず「結果」から入ろうとします。
でも結果が出ない組織というのは、
組織の構成員がマネージャーや上司が思うような行動を行っていないから。
そのボトルネックは、組織内の人間関係なんです。

人間関係の質が向上すれば、時間差で結果が伴ってくるというのが
「知的生産性サイクル」です。

www.businesscoach.co.jp

要は、
はっきり言ってやりたくもない仕事も一度請け負ってそこで結果を残す。
つまり一度染まるんです。

ここが重要ですが、完全に染まらないってこと。
あえて染まるんです。

自分はこんな仕事をしたくないけど、やって信頼を勝ち取るために、やる。

言われた仕事をこなすという結果を残せば信用はたまります。
結果を残せば信用はたまるんです。

どんな仕事もそうです。
営業だったら数字でしょうけど、
トイレ掃除だってトイレをものすごくピカピカに仕上げるのだって結果です。
人が気付かないような場所を掃除するのも事務所掃除の結果です。
どんな仕事にも、結果があります。
それを忠実にこなすのです。

それがいい悪いではありません。
あくまで、それが雇われるという働き方においては、
合理的なだけです。

私は今でこそ経営層にいますけど(この顛末は女装沼シリーズでもちゃんと書くね💛)
新入社員で「これ私の仕事じゃない!」とかいう発言をした社員にはこう言います。
「それを決めるのは君じゃない。私だ。やるのかやらないのか決めなさい。
やらないのであれば君がここにいる意味はない。
私は見ている。君の見えないところを見ている。
君が今この仕事をやることが、君にとって会社にとってベストだから言ってる。
やる?やらない?決めていいよ。」

(こういうとほぼやりますがw)

まずは信用ポイントを貯めるんですよ!!!

一般媒体「新時代のじゆう論」でも書いてるよ!

※職歴なしの人向けに書いてるけど新入社員にも通じます。

一度染まってから、結果を残して黙らす!!

私はこう切り替えたのです。

 

 

まずはなにより人間関係。トランスジェンダーだろうがそれは関係ない

こう切り替えてから、お茶くみの仕事や事務所掃除、トイレ掃除など
精力的にこなしました。

そしてネット通販部の仕事にも口を出しながら、
上から目線ではなく、完全に下から、
とにかく通販部の人々と人間関係を作るところから始めました。

人間関係ができると、勝手にこうなるんです。

「クリハラさん、教えて!!」

こうなったら勝ちですw

上から目線で来られて気持ちのいい人間などこの世にはあまりいません。
よくヘッドハンティングされた会社とか、出向先の会社で人間関係がうまくいかない人がいますが、
完全にこのパターンです。

まずは人間関係を作るところからスタートです。

人間関係があれば人は聞く耳を持ちます。
人間関係のない人間の言うことなど、人は聞く耳を持ちません。
聞く耳を持たない人間に何を言っても伝わりません!

で、はっきり言って、会社に入社する段階でトランスジェンダーであることは周知されている場合がほとんどなので、
差別してきたりする人はいません。
そこまで社会は冷たくありません。

まずは信頼関係。

これはトランスジェンダーどうのこうの以前の、基本的な態度だと思います!!

幸い、会社の人たちもいい人ばかりで、
すごく楽しい時間を過ごせました。
女性として会社に行くのがメチャクチャ楽しかったのです!

 

会社の居心地はよかったが、徐々に毎日の化粧がものすごくめんどくさくなる

このように楽しかった女装OLの日々ですが…

徐々に問題が起き始めます。

毎日、毎朝化粧をするのがめんどくさい

こう思うようになっていました。

女装遊びのときは、自分の好きなタイミングで好きな化粧をしていましたが、
女性として働くと違います。
毎朝ほぼ同じ時間におき、女性として会社に行くために、
化粧を義務的に行わなければいけない…

これがものすごく苦痛に感じてきている自分がいました。

でもこれ・・・よくよく考えると、
世の中の就業してる女性たちってほぼそうじゃん!!!!

女性のOLさんたちってお化粧するのは義務っていうかマナーになってるじゃないですか。
これ、はっきり言ってめちゃくちゃめんどくさいですよ。。。。

男性のときは、最悪家を出る時間の5分前に起きても顔洗ってスーツに着替えてダッシュ!できたけど・・・
女性の場合無理じゃないですか。
どれだけはやいお化粧ができる人でも15分はかかります。
かかる人であればやっぱり化粧水とかの時間も含めると1時間近くかかっちゃいますよね…

世の中の働いてる女性たちってこんなめんどくさい化粧を義務的に毎日やってるのか・・・
と思うと正直ぞっとしました。メチャクチャ大変なんだなぁと思いました。

【女装 OL】憧れの裏側に潜む女性は実際はウザいと感じてるオフィスマナー3つ

そんな中、徐々に私はネット通販運営とコンサルティングのスキルを
会社で発揮していくようになります。

本日はここまで!次回に続きます💛

 




-GIDさん向け, タイプ別で読む, 女装子さん向け, 私がハマった女装沼, 連載コラム
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 女装ワールド , 2018 All Rights Reserved.