ノンアダルトの女装トランスジェンダーコラムサイト

女装ワールド

アイデンティティ別

あなたの性別で最適な記事を表示します

カテゴリー

アーカイブ

私の女装遍歴

私の女装遍歴(4)0年目高校時代中盤編。女性と恋?でもちょっと違った女性に対する反応

更新日:



久々の更新ですねww私の女装遍歴シリーズw
すいません。
書きたいことは山ほどあるのですが、
このシリーズは書きあげるのに結構体力と魂(笑)を使うので、
書かずに逃げて…今にいたってますw

今回は、私の女装遍歴高校時代中盤編です。

<前回まで>


私の女装遍歴(2)0年目中学時代編。私が男子校に入り体験した自分の中の「女」

前回は私の女装の原点0年目。 初めて私が女装行為をした日のことをお伝えしました。 今回は、中学から男子校に入学した日々の ...


私の女装遍歴(3)0年目高校時代前半編。没頭する趣味に出会い女装願望が消えるも・・・。 #女装

ひさびさの「私の女装遍歴」です。 前回までは「太っててセルフイメージが低くて「女になりたい」と思っていた中学時代」 「男 ...

私の女装遍歴0年目高校時代中盤編。女性と恋?でもちょっと違った女性に対する反応

 

高校1年生の時に、一気に身長が伸びて、チビデブ→ガリヤセ体型になった私。
さらにはコミュニティサイトの運営にドハマりし、人生で初の成功体験を得た私。
女装熱は冷めていたものの、体型が変わった私は、鏡で自分を見て女装熱が再燃。

女装をもっとやりたいな~~~
女装したらどんなワクワクが待っているのだろう

と内心ワクワクしていました。そして迎えた高校時代中盤。
女装熱が再燃する中、人生初の体験などいろいろと。
のちの私の女装にもつながるさまざまな出来事が起こります!!

 

 

楽しすぎるウェブサイト運営で、成績がガタ落ち

前にも書きましたが、高校時代、成績最下位層だった私は、
自分が運営するウェブサイト(Friend Country)の更新で、さらにガタ落ちwwww
本当に、夕方家に帰ってから朝方までず~~~~~っとウェブサイトの更新や、
ウェブサイトの常連さんとのチャットなどを楽しんでいました。
そして、朝そのまま学校に行き、学校の授業中にずっと眠り続けるwww

途中先生によっては怒ってたたき起こされたりもしましたが、
はっきり言って「成績最下位のクズ」というレッテルを貼られていた私は
ほとんどの先生に見放され、あきらめられていたため…
ぐっすりと昼間、学校で眠ることができました。

高校2年生にもなると、いよいよ大学受験に向けて準備する生徒も
出てきており、また、私の出身校は在校生の99%は大学進学を目指す、
しかも有名国公立や私学を目指す超進学校だったのでwwww
友達も「あいつは勉強もロクにできないクズだ」と思われて若干距離を
おかれ始めていました。

私はそんなことよりも、本当に毎日のウェブサイト更新と、
ウェブサイトに訪れていただけるユーザーさんとのコミュニケーションが
本当に楽しくて楽しくて・・・
FriendCountry中心の生活でした。

土日には、「オフ会」なるものがあり、
普段はネット上でコミュニケーションをしているユーザー同士がリアルで会う!
という催しを行ったり、平日にはできない大幅なコンテンツ更新や
新コンテンツのローンチなどでとにかくずーーーーーーーーーーーーっと
パソコンの前で作業していました。

ぶっちゃけ、何の勉強もしていなかったため…
成績はガタ落ちですw

進路面談でも「●●君(私のB年の名前)は、大学を受けないつもりだね?」
と確認されるほどでした。

私は「受けます!」とから返事してましたが、
ぶっちゃけそんな未来のことなどどうでもよくて、
「とにかくFriend Countryを更新したい!!」という
モチベーションのみで高校2年生を暮らしていました。

 

人生初のネット上での叩かれ経験をする

そんなカンジで、高校1年の秋頃から始めたウェブサイトFriend Countryは
ドンドンと成長し、1か月10万アクセス以上を集める巨大サイトになっていました。
ぶっちゃけ「そのゲームカテゴリでは知らない人はいない」くらいに。

目立つと叩かれるのは、世の常ですwww

この頃には管理人である私が2ちゃんねるでも叩かれていましたw
人生で初めてネット上叩かれを経験します。

そのころは結構ヘコんだのですが、
常連さんたちに「叩かれるのは目立ってる証拠よ」みたいなカンジで
励まされ、妙に納得した覚えがあります。

2005年当時くらいのネット社会はまだまだチャットや掲示板が交流手段の主流で、
SNSなんかもないので(周知されてないので)、
2ちゃんねるから荒らしが流れ込んできたり(懐かしいなwwこのカンジw)
その荒らしと、サイトの常連さんとの戦いとかwww
あぁ、めっちゃ懐かしい・・・

その頃には常時チャットにアクセスしてる常連さんが20人くらいは存在していて、
月曜日にはこの人、みたいな曜日ごとの常連さんや、
22時以降はこの人みたいな時間帯ごとの常連さんなど、
完全にFriend Countryのユーザーコミュニティが存在していました。

この頃は、完全にFriendCountryの更新にいそしんでいましたが、
1か月に1回くらいは女装をしていました。
ブルマーをはいた女装写真を某掲示板サイトに投稿したりしてましたwwww
(顔は出してなかったですが)
この頃はまだ女装のコミュニティがあるなんて知らなかったので、
ブルマー●●●というサイトに投稿していました…
今考えたら完全ノンケ向けサイトによく投稿してたな…

当時のサイトの常連さんたちのおかげで、
2ちゃんねるでたたかれようが、更新することができましたw

高校2年の少年にあの荒らしと2ちゃんねるは少々きつかったですが…
その頃に、自分にとってよいものだけにフォーカスするクセがついたような気がします。
もちろん自分を成長させてくれるような、批評には耳を傾けるべきですが!!

よく匿名掲示板等での誹謗中傷に悩む方々を女装界に問わず
このネット社会では目にしますが、あんなものないに等しいですよ!
だって自分の目の前で言われてるわけでもなければ、
誰が書いてるかどうかもわからないんですよ?
自分にとって必要な批評だけ真摯に受け止めればいい。
根拠のないうっぷん晴らしの罵詈雑言は、便所の落書きと同じです。
それよりも、自分と仲良くしてくれる人や、応援してくれる人の存在に目を向けましょうね💛

 

 

■常連女性に恋をした。ちょっと普通の高校男児とは違う「やっぱ女性っていいよなー」という感覚

そんな中、毎日楽しい更新の日々を過ごしながら、
私は高校2年の2学期後半頃から、ある常連女性と頻繁に交流するようになっていました。
その女性はたまたまFriend Countryを閲覧し、私のサイトの雰囲気が好きでチャットに定着してくれていました。

そんな中、その女性は夜~深夜まで毎日のようにチャットに接続し、
始まり~終わりまでずっといました。
そうするうちにお互いのプライベートな電話番号を交換し、
チャット終了後朝まで電話するようになっていました。

小学生の頃に異性(女性)と恋をしてから、高校2年の冬まで一切
女性との交流がなかった(家族以外と)私は、ドキドキしてしまいました…

その女性とは今でも関係が続くほどの仲なのですが・・・(それもすごいな)
女性関係のなかった当時の私にとってその女性は女神のような存在でした。

そしてそんな日々が続いた2か月後くらいに「実際に会ってみよう!」ということになり、
実際に会うことに…
当時の私はメガネをかけていて、正直身なりもダサく、
散髪も美容室ではなく散髪屋でやるようなスタイルでした。
しかし、その女性にリアルで会う以上、かっこつけなければ!
と思い、コンビニで整髪料を購入し、妹にどうすればかっこつけられるかのアドバイスをもらい、
いざ出陣!!!

実際にその女性と会ってみると、想像していたよりもタイプではなかったですが、
やっぱり「女性っていいなー💛」という感覚になりました。

普通の高校男児であれば、「よっしゃあああ告白じゃあああ」
「女性いいなぁ!(その異性として)となると思うのですが、
私の場合、「あぁ、、、、この女性みたいに女性の服を着て町を歩きたい」
となってしまいました。

今思えば、このころからずーーーっとAGだったのかなぁ・・・?

それから、オフ会で女性ユーザーに会うたびに、女性を異性として魅力的だと思うよりも、

・女性の衣服を着たい
・女性が女性服を合法的に着ている状態がうらやましい
・化粧をしてみたい

と思うようになっていました。

女性が魅力的!
よりも、
女性を自分にあてはめて、自分もそうなりたい!
すでにそうなってる女性がうらやましい!!

という感情が大きくなっていました。

この頃から、若干冷めていた情熱も再燃し、
女装頻度が月1回程度だったのが、月2,3回に増えていました。

相変わらず男子高校生としての高校生生活は完全に終わっていてwww

・学校ではほぼ寝ている
・学校が終わると速攻で帰宅しパソコンの前へ
・ウェブサイトの更新を夕方~深夜、朝方まで行う
・途中チャットでユーザーさんと交流
・土日は親がいなくなったのを見て女装

こんな日々の繰り返しでした。

でも不思議と、「女装」に関してウェブサイトで検索することはなかったです。
おそらく自分のサイトFriend Countryのことで頭がいっぱいだったのでしょう。
当時から女装に関して検索していたら・・・
もっとはやく「女装ワールド」が誕生していたかもしれませんね。笑

こうしていよいよ、高校生後半・大学受験期へと向かっていきます。
次回、高校時代後編・大学受験期へ続きます。

本日もお読みいただきありがとうございました。

 






-私の女装遍歴

Copyright© 女装ワールド , 2019 All Rights Reserved.