クリハラチアキの女装談話 スキル・ノウハウ タイプ別で読む ニューハーフさん向け ライフスタイル・生き方 女装子さん向け 女装界の社会論「女装ガラパゴス」をひもとこう! 興味領域別カテゴリ

私がハマった女装沼-沼ドロドロ編-。髪の毛伸ばす・ホルモンに手を出す・女装正当化生活で完全破たんしていくB面生活

投稿日:




さて、今回は女装沼シリーズ「沼ドロドロ編」を書いてみたいと思います。
まさかの女装沼に私自身がハマってしまった過去の話。

↓前回の「沼スタート編」からご覧いただく方は↓

■私がハマった女装沼-沼ドロドロ編-。髪の毛伸ばす・ホルモンに手を出す・女装正当化生活で完全破たんしていくB面生活

前回、は私が男性生活を捨て、
フルタイム女装生活に入り、
人生のドン底にまで落ちた話をしました!
いわゆる女装沼スタート編ですね!

今回は、そんなどん底の私の女装沼ドロドロ生活に焦点をあてて
お話ししてみたいと思います!

■女装沼つかりすぎワロタ生活。男性生活完全破たん状態、脱ウィッグ→地毛女装

ゴミを売って転売したり、
なんやかんやで生活はできていた私ですが、
そのころには某女装ルームで大半を過ごすような生活リズムになっていました。

某女装ルームでは楽しい女装仲間がたくさんいたため、楽しかったのですが、
完全にもう女装漬けの生活。

そのころには、自分の男性としてのキャリア・男性としての生活など
全く考えない享楽的な生活をしていました。

<ステージ3>
1.女性化活動を開始する。
地毛を伸ばし始めたり、バストアップサプリメントを飲んだり
美容液をぬったり、ダイエットをはじめたりする。
2・思想が変わる。
AGな方がGIDなのではないかと勘違いしたり、
自分の性別がわからなくなったりする。

<ステージ4>
1. 男性としての社会生活が破綻しはじめる。
2. 「女装ルームのスタッフ」「風俗」「水商売」など
女装で働きはじめる。 要はニューハーフ化する。
3. 人間関係が矮小化する。むしろ女装界から離れる。

私が女装沼に完全につかってしまうきっかけのひとつになった
フルタイム女装子さんとも人生の大半を過ごすようになっていました。

そうなんですよ・・・
女装沼につかればつかるほど、
同じ女装沼につかっている人とと仲良くなってしまい、
浮上のきっかけを完全に見失ってしまいがちになってしまいます。。。。

当時の私の生活リズムは、今考えただけでもぞっとします。

女装沼つかりすぎワロタ生活時の代表的な私のスケジュール

夜中~朝方まで女装遊び

起きるのは昼の13時くらい

ちょっとだけ仕事する
(オークション転売w)
あるいは、
ゲームをして時間をつぶす

17時くらいからはやく女装したくなってくる

18時には女装しはじめる

19時には女装完了

女装してどっかに出かけるか
女装ルームに遊びに行く

夜中~朝方まで遊ぶ


今、考えればぞっとするくらい享楽的で
世の中に何も生み出していないおおよそ20代中盤の
社会人ばりばりの若者とは思えないような生活をしていました。

別にこんな生活リズムでも楽しけりゃいいと思うんです・・・。
でも、この時期になると私の中では、
「このままじゃいけない・・・・」という不満感が
心の奥底で、まるでうっすら聞こえるベース音のような重低音で
何をしていてもその不満感がつきまとうようになっていました。

そうなりゃ、人生、何をしていてもそこまで楽しくなくなってくるんですな・・・。
このころには、本当にB面時代のお友達なんて恥ずかしくて会いたくもなかったし、
親にもあまり顔向けできないような生活をしていたので・・・
でも、女装をすればそれはそれで楽しかった。
でも、心の奥底では人生に対する確実な不満感。
本当に、今考えれば虚栄の楽しさというか・・・
人生で初めて「人生やめてえな」とすら思いました。

まじで、私を知っている人はそんなこと想像すらできないと思いますが、
当時の私は本当にそれくらい自分自身に対する自信もなくなり、
人生に対する光もなくなり、死んだような生活をしていました。

そこそこ成功していたB面サラリーマン時代の栄光にひたりながら、
現実は完全に終わってる。。。
でも、それを直視しすぎると、しんどすぎて逃げ出したくなる。
毎日起きると、「このままじゃだめだ・・・」と思いつつも、
また女装をするために生きるような日々。

楽しかったからはじめた女装が、
なぜか今は自分の人生を引っ張ってきているかのような感覚にもなりました。

街を歩けば、楽しそうに歩くキラキラしたビジネスマンたち。
昼間のコンビニのショーウィンドウ越しにうつる髪の毛の伸びた
何者かもよくわからない私。

まぁ、一言でいうと本当にしんどかったし、本当に
光を失っていた感覚です。


このころには、髪の毛もサラリーマン時代にはツーブロックでばしっと
決めていたのに、肩くらいまで伸びてきています。
伸びた髪の毛を女性カットにしてもらい、脱ウィッグを果たします。

それまでは髪の毛がまだまだ短かったので、ウィッグをして女装をしていましたが、
髪の毛を伸ばすことにより、脱ウィッグの地毛女装を開始することになりました。

地毛女装になれば、さらに女装が似合うようになり、
女装沼へさらに足を踏み進めていくのです。
ぶくぶくぶくぶく・・・



■完全に思想が女装正当化に傾倒する日々。自分の性別がわからなくなる!?やばい日々。

最初は転売などで生計を立てていた私ですが、
不思議ですね・・・
それを続けてれば、別に生活はできていたのですが・・・

何を思ったか、その仕事すら放棄してしまいました。

そうなんです。
今、趣味女装子として女装沼完全帰還ができている自分だからこそ、
正常に当時のことを客観的に振り返ることができますが、
当時の私じゃそんなことわからないんです。

今の私であれば、

・転売をしているのであればそれで生活し、
利益の一部をプールして、拡大していく。
・拡大して、銀行からの借入枠を増やして、さらに
拡大していく
・商材や仕入れ先を拡大するなどし、事業のリスク分散を図る・・・etc

これくらいのことは余裕でやるのですが、
当時の私はやりませんでした。
放棄しました。
理由は「めんどくさかったから」。

女装沼ってやばいんですよ・・・
すべてが女装を正当化する方向にまわり、
女装をしている自分がかっこいい
我が道を行く自分はかっこいい
自分自身で人生を切り開く自分はかっこいい
と人生を合理化してしまう方向に陥りがちなので。
合理化が悪いのではなく、現実を直視せず、
客観的な自分を分析せず、
今の自分を直視したくないからやってしまう合理化は
ただの逃げのモルヒネですからね・・・。やばいです。これ。

逃げのモルヒネって?

何かの問題に対してその根本要因を解決するのではなく、
問題によるストレスや不安を、その問題を直視しない=逃げという
方向で軽減しようとする方便のこと。(クリハラ語録)


そう、女装沼につかると、完全に思想が
女装を正当化する方向に傾倒しはじめます。

<ステージ3>
1.女性化活動を開始する。
地毛を伸ばし始めたり、バストアップサプリメントを飲んだり
美容液をぬったり、ダイエットをはじめたりする。
2・思想が変わる。
AGな方がGIDなのではないかと勘違いしたり、
自分の性別がわからなくなったりする。

こうなると、
いよいよ「自分の性別は本当に男性なんだろうか!?」
とまで思い始めます。

男性です。
はっきり言って、完全に男性です。
GIDの場合、幼少期のころから発現していることがほとんどなので、
こんな大人になっていきなりGIDが発現することなどありません。
とくにオートガイネフィリアの方なんかは絶対に男性です。

でも、女装を正当化するために、
「私は本当は女性なんじゃないか!?」
という逃げのモルヒネを発動させるのです。

しかも、女装沼につかることでほとんどの方は人生がうまくいかなくなるので、
自分に対するイメージ(セルフイメージ)も下がっていますので、
より楽な方向へ楽な方向へ逃げようとします。

そして、女装を正当化する日々を送る中で、
ついに私は禁断の薬を手にしようとするのです。

 

■女性ホルモンに手を出す!?女性化活動まっしぐら!!!!!

そうです。
女装沼に入りかけの方も紹介される
女性化の魔法の薬「女性ホルモン」です。

<ステージ3>
1.女性化活動を開始する。
地毛を伸ばし始めたり、バストアップサプリメントを飲んだり
美容液をぬったり、ダイエットをはじめたりする。
2・思想が変わる。
AGな方がGIDなのではないかと勘違いしたり、
自分の性別がわからなくなったりする。

でも、私は女性ホルモンには手を出しませんでした。
一番仲のよかったフルタイム女装子さんが女性ホルモンをやっていなかったからです。

でも、もしその仲のいいフルタイム女装子さんが女性ホルモンをやっていたら
私ももしかしたら女性ホルモンに手を出していたかもしれません。

女性ホルモンをやっている方の半分以上は、周りのすでに
女性ホルモンをやっている方にすすめられて、女性ホルモンの服用を始めています。


女性ホルモンも用法容量によってきちんと量を守れば、問題ないのですが・・・
私の場合は、やり始めるとトコトンまでやってしまう性格なので、
やりすぎで、今頃・・・・・ってカンジでしょう・・・。

その代わりに、プエラリアミリフィカというバストアップ錠剤を飲むようになりました。

こうなると、もうバストはふくらんでくるし、お肌は若干もちもちになるし・・・
さらなる女性化街道まっしぐらといったところです。
(これは結構人によって効果に差があります。
私は小学生のころに女性化乳房症になっているのもあり、
親和性が高かったっていうのもあるかもしれません)

そして、私は女性化を進め、
女装沼へとさらに足をどんどん踏み入れていくのでした。
ぶくぶくぶくぶく・・・・・・

 

■まとめ:女装合理化という逃げのモルヒネが女装沼をさらに加速させる。

いかがでしたか?
私の女装沼ー女装沼ドロドロ編ー。

ぶくぶくぶくぶく・・・・・・・・・・
これを書きながら、当時の私を振り返ると、
こんな沼に沈む音が聞こえてきそうなほど、
リアルに今でも思い出します・・・。

今の私だから、冷静に振り返っていますが、
当時の女装沼まっさかりの私には、
「これが正しいんだ」」
という現状の女装の合理化しかなかったのです。

女装沼につかることがすべて悪いことだとは思いません。
私のように女装沼につかったことで、
女装ワールドのネタに生かせたり、
フルタイム女装生活をしたことで見えたこともたくさんありました。
でも、それは今女装沼から生還して、
人生を取り戻したからこそ言える発言なのです。

・脱ウィッグ
・女性化
・女装の合理化
・沈んでいく人生を直視せず、女装している自分の人生を
肯定することでストレスや不安から逃げる逃げのモルヒネ・・・
・どこかで「このままじゃいけない」「こんなもんじゃない」と
不満感をつのらせたまま送る人生


そして、
フルタイム女装が加速すればするほど、
周囲にはフルタイム女装子さんが多くなってきます。

人間は自分が思ってる以上に環境に左右されやすい生き物です。
もちろん、環境に左右されるのも環境のせいではなく、
自分です。

もちろんフルタイム女装子さん全員が女装沼につかっているとは限りませんし、
客観的に見れば女装沼につかっているという状態の女装子さんでも、
当人が「幸せだなあ」と思っているのであれば、それは女装沼にはつかっていないのです。

私のように、女装沼につかりながら人生が破たんする中で、
「このままじゃいけない」
「こんなもんじゃない」
と不満感がつのってしまっている・・・
これはもう完全に女装沼につかっていると言えます。

でも、環境に左右されてしまうと、
違う環境だったら見えていたものが見えなくなってしまう。
それは女装沼でも同じこと。

できれば、女装沼につかってしんどい思いをする人が
少しでも少なくなってほしい。
女装沼につかるとしても、リスクを知った上でつかるのと、
知らないうえでつかるのとでは、
人生へのダメージに雲泥の差があります。

今、この記事を読んで、
「もしかしたら私、女装沼!?
なんとなくこんな人生から脱却したい・・・
とにかく今は不満・・・」
と思っている方がいるとすれば、
それはむしろ女装沼脱却へのチャンスであったりもします。
そのあたりは次回以降に♡

次回は、私のハマった女装沼-彼氏と同棲編-を書いてみます。
お楽しみに!
本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

 



教えてください♪

「みんなどーしてる?」教えてください💛
1クリックで回答でみんなの結果を表示!

女装遊びバレってどーよ?

みんなのアンケート結果を表示する

読み込み中 ... 読み込み中 ...
ヘッドライン女装ワールドポータル初心者向けファッション美容女装ライフハック女装のコラム♀向け♂向け女装ニュースイベントHOT!ニュース

-クリハラチアキの女装談話, スキル・ノウハウ, タイプ別で読む, ニューハーフさん向け, ライフスタイル・生き方, 女装子さん向け, 女装界の社会論「女装ガラパゴス」をひもとこう!, 興味領域別カテゴリ
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 女装ワールド , 2018 AllRights Reserved.