お金・仕事 クリハラチアキの女装談話 タイプ別で読む ニューハーフさん向け ノンケ・マジョリティも読める! ライフスタイル・生き方 女装子さん向け 女装界でのよりよい生き方 純男さん・チェイサーさん向け 興味領域別カテゴリ

【ニューハーフビジネス】ニューハーフで稼ぐなら日本じゃなく海外に行け!もう日本よりもアジアのほうがお金持ちが多いよ! #ニューハーフ

投稿日:




女装界にいると、ニューハーフになりたい!!
という女装道の極みにたどり着きたい志を持つ方に遭遇します。
そういう方は、まず

・ニューハーフパブや日本のどこかのBARで働いてお金貯めて
整形して美貌を手にする青写真
・日本の風俗などで働きお金を貯金して。。

みたいなニューハーフマイルストーンを置きがちです。

しかし、私が思うに、
いや、日本じゃなくてええやん。
海外に飛んだほうが早いよ?

と思います。
今回はニューハーフで稼ぎたいなら、日本じゃなく海外に行けという
お話をお伝えします。

※このお話は、あくまで1つの選択肢としての読み物です。
それくらい「いろんな生き方があるよ」っていう読み物としても読めますので、
ニューハーフで生きるっていうのが頭にない人でも、読めますよ💛

■ニューハーフで稼ぐなら、日本じゃなく海外に行け!!

まず、この話をする前に日本の現状の前提を共有しておりますね。

・日本の個人当たりのGDPは世界27位。シンガポールよりも中国よりも下。
・日本はアジアで一番裕福な国ではなくなっている
・20~30代限定でいえばアジアで真ん中くらいの国

これ、なかなか肌では理解できないかもしれません。
海外経験、とくにアジアでの在住経験がある方はわかるかもしれませんが、
日本ってそこまで裕福な国ではないです。
それは10年前くらいに終わっています。

まだ一般感覚だと、「日本は裕福な国だから、アジアのニューハーフたちは
出稼ぎに日本にくる」という感覚で、
「日本は出稼ぎされる側」だと思っているかもしれません。
しかし、その前提は全く違います。

むしろ、日本から裕福なアジアへ出稼ぎする時代になりつつあるのです。

■【日本にいながら海外に住む!?】海外へ出るというのは、何も実際に行くというだけではない。

この記事のタイトルの「海外へ出ろ」というと、
日本を出国して海外へ住め!みたいな印象を持つかもしれませんが、
何もそれだけではありません。

私もシンガポール在住経験がありますが、もちろん実際に海外に住んでみるのが一番いいと思います。
しかし、なかなか現実的にその選択肢が厳しい方もいるでしょう。

フラット化の代名詞があるじゃないですか。
そうです。インターネットです。

最近、女装で一旗あげようとする若年層やニューハーフさんたちは
こぞってライブ配信や、ブログの立ち上げなどをしていますが、
それで有名になっている方は一握りです。

私も女装ワールドをやっている立場上、いろんな女装界隈のライブ配信や
ブログを拝見しておりますが、
なぜ、日本国内限定でコンテンツ配信をしているのか疑問です。

そうです。
海外に行くというのは、別に日本国内にいても、
ブログやライブ配信で十分可能なのです。

どういうことか?

女装でインスタグラムやツイッターをやっている方はおわかりかもしれませんが、
海外在住の方にフォローされることが最近増えてきていると思います。
これは何も怪しいアカウントではありません。(そのようなアカウントもありますが)
海外在住の日本文化に脅威のある海外トラニーチェイサーや、
海外トランスジェンダーが日本の女装界隈のアカウントをフォローしているのです。

海外の日本国内への需要は近年はんぱなく高まってきています。
それなのに、日本国内限定でコンテンツ配信してる意味ってなに?
と思います。

もちろん、日本国内だけで十分有名になることは可能ですし、
有名になって、ブログや配信でお金を稼いでいるニューハーフさんもいます。
しかし、海外に目を向ければ競合日本人ニューハーフもまだまだ少なく、
今後ますます需要は伸びていきます。(需要が伸びる理由は次の項で説明しますね♡)

こんなおいしいマーケットに手を付けずに、
日本国内だけで消耗しているのは、あまり賢い選択肢だとは言えません。

もし、女装でコンテンツ配信などをしている方で伸び悩んでいる方がいれば、
ぜひ海外向けに配信をしてみてください。驚くほど伸びるはずです。
ちなみに、海外と言ってもアジア、アメリカ、ヨーロッパは基本的に
英語で通じます。英語さえ話せれば十分に勝負できます。

英語がしゃべれない?ならしゃべれなくても英単語くらいすぐに覚えられます。
そのくらいの努力もせずに、何かの道で成功することは不可能です。
youtube動画などで英語の上達法法は洪水のように出回っているので、
ぜひ英語習得を目指してみてください。

また、女装barやミックスbarを運営している方やキャストがいらっしゃれば
メニューに英語対応メニューを置くのは必須項目だといえるでしょう。
なぜ先細りしかなく、個人GDPが減少し続ける日本人相手だけに商売をしているのか。
それよりももっとお金を持っていて、この先も需要が拡大する
外国人相手の商売も模索したほうが賢明です。

別に日本にいても、日本に来る海外の方が増えているので、
海外に行くのと同様に、海外の人々相手にコンテンツ発信を行えるのです。

■【日本国内はもう貧困化が止まらない】円安がすすむ日本。ドン・キホーテに海外の方々があふれているのを見て、「観光客」と思っているなら今すぐ思考を変えて!

日本に来る海外の人々が増えているのは、
確実に日本が円安だからです。

クリハラチアキ
念のため円安と円高について解説しておきますが、
1ドル=80円→1ドル=120円になれば「円が安くなった」=「円安になった」
と言います。要は、80円出せば1ドル買えていたのが、120円出さなければ1ドル
買えない状況になった。すなはち、円の価値が(ドルに対して)安くなったということです。

円安の状況が続いていると、海外の人からすれば自分たちの通貨が高くなるので、
日本に旅行しやすくなりますよね。

最近、都市部には海外の人々があふれています。
その人々はたしかに観光客も多いのですが、全員が全員そうではありません。
東京なんか、もう人種のるつぼ状態。
欧米系、アフリカ系、アジア系・・・etcとさまざまな人種の方々が
町を行きかっていらっしゃいます。
実は普通に日本でビジネスをして、日本で暮らしている人も多いのです。

10年前、日本人のリタイア(定年)で海外に住むのが流行ったのは
記憶に新しいかと思います。
フィリピン移住で悠々自適の贅沢な老後を!
みたいな感じで、日本にいると普通の生活でも、
アジアなどの海外に行けば、裕福な暮らしができる!
というところからです。

それも、当時は日本のGDPは今より高かったし、
日本円の価値が高かったから、
アジア諸国に移住するだけで1億円の資産が、
日本で生活すれば4億円くらいのレベルの生活ができていたのです。

でも、今じゃその生活も現地の国が発展してきていて、
現地の物価や通貨価値が上がって、厳しい現状になってきつつあります。

日本がほかのアジア諸国に比べて裕福だから、
ほかのアジア諸国に移住するだけでお金持ちに
なれるような時代はもう10年前に終わっているんです。

もちろん当時の日本とアジア諸国ほどの差はまだついていませんが、
中国やシンガポールの富裕層は日本の富裕層とはくらべものにならないほどの
莫大な資産を保有しています。
普通に、日本のほうが物価が安いわりに、ごはんのおいしいし、
住みやすいから、日本に来てるだけの富裕層もいるのです。
これまでと逆ですね。

日本の中だけで生活していれば、なかなか見えづらいかもしれませんが、
日本は衰退しているというよりも、
今まで日本が余裕で超えてると思ってたアジアの国々が
日本に追いついてきていて、むしろ抜いている国もあるというほうが正しいでしょう。

しかしながら、多くの人はまだまだ「日本は裕福な国で、アジアでのナンバーワンレベルだ」
という幻想に包まれています。
とくに海外に行ったことのない地方部の方々なんかは、
「おれたちの生活はそんなに裕福じゃない。それでもほかの国よりましだよな」
とか言っているわけです。
そんなことありません。別にそこに「いい悪い」の判断の余地はありませんが、
シンガポールや中国、インドなど成長著しいアジア・中東アジア諸国の国々の
生活レベルとほぼ同じになってきています。

日本が衰退しているのではなく、日本よりもほかの国々の成長スピードが著しいのです。
ただそれだけの話です。
それだけ日本が先進国であることの証拠です。
ヨーロッパ諸国を見ていただければわかりますが、
先進国というのは人口減少によるGDP減少は運命のようなものです。

■【パトロンは海外に求めよ】ワンチャンパトロンを狙うなら絶対海外!アジア!賢いニューハーフさんはすでに海外へ行っている!

ここまでは、日本にいながら海外の方々相手の商売を行う必要性と、
日本の現状の思考転換の必要性について述べました。

最後に、実際に海外に行くパターンも述べたいと思います。

さきほども述べましたが、
海外、とくにアジア圏の富裕層は日本では考えられないレベルの富裕層が
日本よりもゴロゴロいます。

正直、美容整形代やsrs代の300万円くらい「3000円くらいの感覚でぽんっ」
と出してくれるほどの富裕層がたくさん。

今、アジアは著しい勢いで成長しています。
その分毎年物価も上がり、経済は成長し続けています。
富裕層は増え、ものすごいレベルの富裕層も増え続けています。

日本はどうでしょう?
毎年のように物価は下がり、経済は現状維持。
中流層が崩壊し、ほんの一部の富裕層と大多数の貧民層に
大格差拡大し続けています。

どちらの国で、ニューハーフというある種のエンターテイメント業を
やったほうが儲かるか。

火を見るより明らかですよね。

時代を読んで行動する賢いニューハーフさんはすでに海外へ出ています。
期間限定でタイやインドネシアなどにショーハウス出演しにいくなど
積極的に海外で活動しています。
そこで、インターネット関連企業の役員に見初められ、
1000万円くらいお小遣いでぽんっともらうニューハーフさんもいれば、
高級外車をプレゼントされた(3000万円級)方もいるそうです。

日本じゃ、あまり考えられません。

アジア諸国へはLCC(格安旅客機)を使えば多くても5万円もあれば往復できちゃいます。
英語さえしゃべれれば、仕事もあります。
もっといいのは現地語をしゃべれることでしょうけど、
習うより慣れろ。
言語は、机の上で勉強するよりも、現地に行っちゃうほうが早いです。

これ実際に想像上ではなかなかわからないかもしれませんが、
人間の能力ってやはりすごくて、
24時間その言語に囲まれていると、その言語が聞き取れるようになってくるもん
なんです。
なので、英語も実際に現地に行ったほうがはやく上達しますよ。

 

 

■「タイ在住日本人ニューハーフの日記」「ベトナム在住オネエ日記」とかでブログやって日本円収入得ながら、現地で仕事しつつ、ワンチャンパトロンをゲットしちゃおう!

とまぁ、ここまでニューハーフで稼ぎたいなら海外いっちゃえ!!
という記事を書いてきましたが、
別に日本でも稼げるっちゃ稼げます。

日本でも人気の風系ニューハーフなら月収100万円レベルの人もゴロゴロいますしね。

でもまぁ、ニューハーフでがっつりお金稼ぎたいなら、
日本在住で「訪日外国人のお金持ち」を相手にすることだってできるわけです。
いわゆる「インバウンド系外国人」ってやつ。

でもそこで差別化できるのは「現地語を少しでもしゃべれるかどうか」なわけです。
できれば若ければ若いほど、東南アジアとかに行っちゃいましょう!!!
数か月も住んでれば少しは現地語が理解できて話せるようになります。
(言語ってそんなもんです)

そこで、「〇〇在住ニューハーフ日記」を書いてブログ広告収入を得ましょう。日本円で。
日本円で得た収入は、現地通貨に変えると、物価差でその価値は数倍になります。
要は、日本円での1万円は日本国内だと1万円ですが、
東南アジアとかだとまだまだ物価が低いので、それが3~5万円分くらいになっちゃうってこと。

んで現地で仕事しつつ生活費を稼ぎます。
そうすりゃ、それがまたブログのネタになりますよ。

んで、現地で生活しつつ、ワンチャンパトロンもゲットしちゃえばいいんですよ!

私は別にそうするつもりはないですけど、私がガチでニューハーフとして稼ぐなら
その道も考えるよってことです。

いかがでしたか?

この記事を見て、海外へいきなり行こう!!!
とはならないかもしれませんが、おそらく行動する方は行動するでしょう。

どのような事象においても、実際に行動する人は5パーセントくらいです。
この記事で言いたかったことは、「海外に住め!」ということなんですけど、
真意はそこじゃありません。
「世の中は自分の頭の中で考えてる想像以上に可能性で満ち溢れてるよ」ってことです。
ニューハーフの人で成功してる人って、その可能性に足をつっこんで、
神様に愛されてチャンスを目の前に出されてそれをつかんだ結果の人です。

既存のレールに乗るのもいいし、乗らないのもいい。
大事なのはやっぱり自分の心=マインドです。

ニューハーフ・フルタイム女装っていう人生選択をもしするのであれば、
そこに対して人生懸けるつもりでいかないと、
成功なんてできないよってこと。
裏を返せば、そこを信じ切れるか。

というお話💛

あ、別にニューハーフビジネスや、フルタイム女装をすすめてるわけではありません。
私はどちらかというと、そういう生き方に関しては「限られた人しか選択できない生き方」
と思ってるので。どちらかというと懐疑論者です。↓

女装で昼職につく、トランスで働くための基本的なマインド3つ #女装 #ニューハーフ

女装沼:女装で人生破滅の10のステージ。女装して人生を滅ぼさないためのバロメーター #女装

 



  • この記事を書いた人

クリハラチアキ

-お金・仕事, クリハラチアキの女装談話, タイプ別で読む, ニューハーフさん向け, ノンケ・マジョリティも読める!, ライフスタイル・生き方, 女装子さん向け, 女装界でのよりよい生き方, 純男さん・チェイサーさん向け, 興味領域別カテゴリ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 女装ワールド , 2018 All Rights Reserved.